ラクトフェリンの腸内環境を整える作用について

MENU

ラクトフェリンの腸内環境を整える作用について

 

人間の腸内には、人間にとって有益な作用をもたらす善玉菌と人間に害を生じさせる悪玉菌が存在します。

 

悪玉菌は免疫力の低下や肌の老化など、美容と健康に様々な悪影響をもたらすので、悪玉菌の増殖を抑えて善玉菌が優位な腸内環境をつくることが重要といえます。

 

 

人間の腸内には様々な悪玉菌が存在していますが、これらの多くは増殖するために鉄分を必要としています。

 

ラクトフェリンは鉄分と結びつきやすい性質を持っているので、腸内に到達すると悪玉菌の持つ鉄分を奪い取って不活性化させ、増殖を抑えることができます。

 

 

また、ラクトフェリンには、乳酸菌などの善玉菌の餌となって活性化させ、増殖を促す作用があるといわれています。

 

つまり、ラクトフェリンを摂取すれば、腸内の悪玉菌に直接働きかけてその増殖を抑えるとともに、善玉菌を増えやすくする効果が期待できるわけです。

 

 

ただし、タンパク質の一種であるラクトフェリンは消化酵素によって分解されやすく、腸に届く前に分解されてしまうと腸内環境を整える作用を十分に発揮することができないので、サプリメントなどを利用するときには、腸まで分解されずに届くように加工された腸溶性の製品を選ぶことが大切です。

 

 

また、近年は、乳酸菌を直接口から摂取することによって腸内の善玉菌を増やして腸内環境を整えるプロバイオティクスが流行しています。

 

こちらは腸内で活動する乳酸菌の働きによって、悪玉菌が住みにくく、善玉菌が増殖しやすい腸内環境をつくるものなので、ラクトフェリンと一緒に摂取すれば相乗効果で高い整腸作用が期待できます。

 

現在では、ラクトフェリン入りの乳酸菌サプリメントや乳製品なども販売されているので、こうした商品を利用することをお勧めします。

 

 

ラクトフェリンはサプリメントで摂取!


ラクトフェリンはサプリメントで摂取するのが効率の良い方法です!

販売実績・配合量・価格で最もおすすめのラクトフェリンサプリはこちら

バナー原稿imp


ラクトフェリンのある生活で毎日ポジティブに過ごしましょう!

ラクトフェリンならライオン?【ラクトフェリン】効果や効能、口コミ