ラクトフェリンの授乳中の摂取について

MENU

ラクトフェリンの授乳中の摂取について

ラクトフェリン授乳中

 

授乳中のお母さんがラクトフェリンを摂ることについて大丈夫かどうか、気になる疑問にお答えします。

 

ラクトフェリンは、そもそも哺乳類の体内に存在する成分であり、最も多く含まれるのは母乳です。

 

ラクトフェリンというのは、免疫力を高め、細菌やウィルスに対して強い抗菌性や殺菌性を示し、更に抗酸化作用により体内の活性酸素の発生を抑制する働きを有するため、健康や美容、それにアンチエイジングにとても役に立つ物質です。

 

 

よく、「母乳を飲んでいる時期の赤ちゃんは病気にかかりづらい」と言いますよね?

 

これは母乳に含まれる大量のラクトフェリンが、まだ抵抗力のない赤ちゃんの体を守ってくれる働きをするからなのです。

 

そのため、授乳中のお母さんが食品やサプリメントからラクトフェリンを摂取することは良さそうにも思えますが実際どうなのでしょうか。

 

 

授乳中のラクトフェリン摂取について

 

授乳期にラクトフェリンを飲んでも良いのかについてのまとめです。

 

まずはじめに、ラクトフェリンを飲んではいけない人というのは「牛乳アレルギーを持つ人」です。

 

これはラクトフェリンが牛乳由来であるため、授乳期かどうかにかかわらず、アレルギーがあれば飲むことはできません。

 

では、特にアレルギーのない授乳期のお母さんはどうなのかというと、残念ながら「良い」とも「悪い」とも言えないのです。

 

 

というのも、ラクトフェリンは安全性は高いといわれていますが、一般的にこうしたデータは健常な成人のものです。

 

授乳中含め妊産婦の場合、体がとてもデリケートになっているので、中には体質がガラリと変わる人もいます。

 

妊娠する前はなかったアレルギーを発症したり、便秘や下痢を起こしやすくなったりする人もいます。

 

 

そのため、製品によって「妊娠中・授乳中はお控えください」というものもあれば、「医師にご相談の上飲用ください」というものもあります。

 

自分の健康のため、赤ちゃんの健康のために、もしラクトフェリンのサプリでの摂取を考えているようでしたら、念のためお医者さんに相談した方がよさそうですね。

 

その時に注意することは、そのサプリに含まれるラクトフェリン以外の配合成分もしっかり伝えることです。

 

 

どういったものを飲もうとしているのか明確に伝えることで、お医者さんも判断がしやすいし、的確なアドバイスをもらうことができますよ。

 

また、ラクトフェリンサプリは何種類もありますが、授乳中のお母さん向けに作られた製品もあります。

 

そういった製品ならば授乳中のお母さん向けなので、もちろん飲んでも大丈夫。

 

 

ラクトフェリンは鉄と結びつき吸収を高める働きもあるので、貧血予防にも効果的です。

 

とはいえ、この時期頑張ってラクトフェリンを摂ろうとしなくても、バランスの良い食事を心がけていれば、女性の体の機能によって十分な量のラクトフェリンが母乳に含まれるのです。

 

 

だから、授乳期はラクトフェリンをどんどん摂らなくちゃ!と焦るのではなく、自分の体と向き合い、どうしても必要と感じたら製品をよく見極めるということが大切ですね。

 

自分だけで判断できないようであれば、遠慮せずにメーカーやお医者さんに相談して不安を取り除きましょう。

 

 

まとめ

 

授乳期のラクトフェリン摂取において大切なことは、

 

  1. 製品の注意書きをよく読むこと
  2. お医者さんに相談すること
  3. 授乳中のお母さん向けに作られた商品を選ぶこと

 

これらの3つに気を付けることが、安全にラクトフェリンを摂取する方法だと言えます。

 

授乳期の体はデリケートだということをよく考えて、自分に合ったラクトフェリンを選んでくださいね。

 

ラクトフェリンはサプリメントで摂取!


ラクトフェリンはサプリメントで摂取するのが効率の良い方法です!

販売実績・配合量・価格で最もおすすめのラクトフェリンサプリはこちら

バナー原稿imp


ラクトフェリンのある生活で毎日ポジティブに過ごしましょう!

ラクトフェリンならライオン?【ラクトフェリン】効果や効能、口コミ