ラクトフェリンは赤ちゃんにとって大切な成分

MENU

ラクトフェリンは赤ちゃんにとって大切な成分

 

ラクトフェリンと言うのは、タンパク質の一種であり、多くの哺乳類の乳の中に含まれています。
また、多機能タンパク質であり、様々な働きをします。

 

ラクトフェリンが一番多く含まれているのは、人間の初乳です。

 

初乳は、母乳のうち出産後数日間の間に出る母乳のことです。

 

初乳の量はあまり多くない場合があり、しかも生まれたばかりの赤ちゃんでは吸う力も弱いためにうまく飲めないこともありますが、そんな時は哺乳瓶に移してでも飲ませます。

 

そうまでして飲ませるのは、抵抗力の少ない赤ちゃんが育っていく上で、ラクトフェリンが様々な働きをすることが分かっているからです。

 

 

先ず第一に、ラクトフェリンは、抗菌と抗ウィルス作用が高いために、無菌状態で生まれてくる赤ちゃんにとって免疫機能を果たしてくれるのです。

 

また、ラクトフェリンが豊富に含まれている初乳を飲めば、乳幼児突然死症候群と言う原因不明の病気のリスクを軽減できる効果もあります。

 

また、脳神経系や内分泌系の健やかな発育を助けるという機能もあります。

 

更に、生まれた後、最初に赤ちゃんの腸内に現れるのは大腸菌やブドウ球菌などの悪玉菌ですが、生後二日目以降にはビフィズス菌などの善玉菌にとって代わります。

 

この善玉菌が全くいない腸内を守り、更には善玉菌を増やす働きをしているのもラクトフェリンなのです。

 

また、鉄と結びつきやすい性質によって、鉄を栄養分として生存する雑菌の増殖を抑制する働きもあるため、腸内環境が整えられるのです。

 

ラクトフェリンはサプリメントで摂取!


ラクトフェリンはサプリメントで摂取するのが効率の良い方法です!

販売実績・配合量・価格で最もおすすめのラクトフェリンサプリはこちら

バナー原稿imp


ラクトフェリンのある生活で毎日ポジティブに過ごしましょう!

ラクトフェリンならライオン?【ラクトフェリン】効果や効能、口コミ