ラクトフェリンはビフィズス菌を助けるたんぱく質

MENU

ラクトフェリンはビフィズス菌を助けるたんぱく質

 

ラクトフェリンは、哺乳類の乳・涙・汗・唾液などの外分泌液中に含まれるタンパク質のひとつです。

 

元は牛乳中に含まれているものから発見されましたが、ヒトの母乳にも多く含まれているもので、健康維持を助ける蛋白質として注目されています。

 

 

特に注目されているのは、乳酸菌やビフィズス菌などのいわゆる腸内の善玉菌の増殖を促進し、悪玉菌の増殖を抑制するという効果です。

 

これはラクトフェリンが鉄結合性の糖タンパク質であるということに由来します。

 

 

多くの細菌は生育のために鉄が必要ですが、腸内環境においてラクトフェリンは細菌より先に鉄と結合してしまうため細菌の増殖を抑制するとされ、一方、細菌の中でもビフィズス菌は生育の鉄要求性が低いため、抗菌活性を示さず増殖を促進するとされています。

 

幼児にラクトフェリンを投与した場合、糞便中のビフィズス菌の検出頻度が上昇するという報告もあり、ラクトフェリンは腸内環境の改善に有効であると考えられています。

 

 

その他の効果としては、抗炎症、免疫調節、抗がん作用、ピロリ菌に対する抗菌作用などが認められています。

 

また、体内の鉄分と結びつくことで吸収されやすくなるので貧血の改善・予防にも役立つといわれています。

 

ラクトフェリンは、牛乳、スキムミルク、チーズ、ヨーグルトなどの食品に含まれるタンパク質であるため安全性が高いとされており、サプリメントとしても市販されています。

 

 

腸内環境を整える整腸作用を期待してビフィズス菌と組み合わせたサプリメントや健康食品も注目されています。

 

ラクトフェリンはサプリメントで摂取!


ラクトフェリンはサプリメントで摂取するのが効率の良い方法です!

販売実績・配合量・価格で最もおすすめのラクトフェリンサプリはこちら

バナー原稿imp


ラクトフェリンのある生活で毎日ポジティブに過ごしましょう!

ラクトフェリンならライオン?【ラクトフェリン】効果や効能、口コミ