ラクトフェリンの服用は一般には空腹時が良い?

MENU

ラクトフェリンの服用は一般には空腹時が良い?

 

ラクトフェリンは牛乳などに多く含まれているタンパク質の一種で、鉄分とよく結合し、がんの予防や抗ウイルス、歯周病治療、腹部内臓脂肪の減少など、人体に対するさまざまな効果があることが指摘されている物質です。

 

しかしながら、このラクトフェリンは熱や酸に弱く、ささいなことで組成が壊れてしまうという性質もあわせ持っており、単に牛乳を飲んでいるだけでは十分な効果が発揮できない理由ともなっています。

 

 

また、「ラクトフェリン受容体」とよびますが、このタンパク質を効果的に取り込むことができる組織は、人体のなかでは小腸の上皮細胞という部位に多く存在していることもわかっています。

 

このため、ラクトフェリンをサプリメントとして製造しているメーカーでは、錠剤に特殊なコーティングを施すなどして胃酸で分解されないようにし、腸まで直接届くようにする工夫をしているケースがみられます。

 

こうした場合には、胃のなかのph値が変化する食事中よりも、むしろ空腹時に摂取することによって、ラクトフェリンが体内でしっかり吸収されるようにすることが推奨されます。

 

 

ただし、メーカーのなかには、ラクトフェリンを胃の中でペプシンという酵素により消化させ、ラクトフェリシンという別の物質に変化させることによって、いわゆる悪玉菌とされる大腸菌やピロリ菌などの殺菌効果をより発揮させるようにしているものもあります。

 

この場合は空腹時よりも、食事中や食後の方が適するということになります。

 

このため、それぞれの製品の注意書きをよく読んで、もっとも効果的に服用することが求められます。

ラクトフェリンはサプリメントで摂取!


ラクトフェリンはサプリメントで摂取するのが効率の良い方法です!

販売実績・配合量・価格で最もおすすめのラクトフェリンサプリはこちら

バナー原稿imp


ラクトフェリンのある生活で毎日ポジティブに過ごしましょう!

ラクトフェリンならライオン?【ラクトフェリン】効果や効能、口コミ